fbpx

英語の発音矯正スクール[東京・青山]|イングリッシュ・ジョイ

イングリッシュ・ジョイ

途中経過が知りたかった!

2016-03-12  セミナーのご案内, 受講生の声

体験レッスンに来られる方で多い質問が「どのくらいで上手くなりますか?」というもの。
気になりますよね~。
そしてビフォーアフターのアフターは1年とか2年通ったアフターを載せてる場合が多いけど、その途中の2ヶ月とか3ヶ月とかの経過が知りたいんです、という声もいただきます。

はい、わかりました!途中経過をHPに載せましょう!
たったの4回(1ケ月半)でこんなに変わりました!↓こちらをお聴きください。
受講生の声

花
冒頭のご質問についてですが個人差はありますが、週に1回通われて4~5ヶ月で基礎的なことはマスターできますよ。

頻度が2週間に1度だと、8~10ヶ月かかってしまうでしょうか。次のレッスンまでに2週間あくと、前回出来るようになったことを忘れてしまい、定着しにくい傾向があるからです。そして2週間後のレッスン直前にこれはまずいっ!と2週間分の練習をされる場合だとさらに上達には時間がかかります(毎日かかさず練習されたらこの限りではありませんよ)。

特に発音習得はからだを使うスポーツみたいなものですから、自宅での練習量に結果が大きく左右されるのです。

あとは「いつまでに通じる発音にしたいか?」と「発音をどこまで追及するか?」のご希望次第です。
「2ヶ月で通じる発音にしたい!」の方にはそのようなカリキュラムを組むことができますし、その場合は通常より宿題(練習量)を多めに出します。

「発音をどこまで追及するか?」については、発音を教えている身ですが「自分の英語が通じるようになる、相手の英語を聴き分けられる」状態になればそれでOKではないかと考えています。「音が聴き分けられ」ていれば、自分の発音もすでにOKになっている場合が多いです。

そこまでくれば、あとは好みの問題になってきて取り組む時間も変わってきます。「カレンカーペンターのような美しい英語発音になりたい!」、「アンハサウェイのような英語の発音にしたい!」などなど。

こんな発音上達のコツ、学校では教えてもらえなかったやり方を脱カタカナ発音メールセミナーで学べます。
(「英語がなぜ聞き取れないの?最もリスニングアップにつながる発音のコツとは?」など)

今なら、リスニング上達のコツ、ディクテーションマニュアルをダウンロードできます。
無料で受け取りたい方は↓↓