fbpx

英語の発音矯正スクール[東京・青山]|イングリッシュ・ジョイ

イングリッシュ・ジョイ

英語発声:腹式呼吸とそのチェック方法

2019-01-06  発音あれこれ, 英語発音 上達のコツ

発音を劇的に変える秘訣

発音スクールをやっています、というと、
よく言われるのが

「発音なんて、子どものうちしか変わらないでしょ?
私なんか、何十年もカタカナ発音だから今さら変わりっこないよ。」

そして、

「発音を変えられる秘訣があったら教えてよ~。」

ふふふ、秘訣、あります。あるんです!

カタカナ発音を劇的に変える秘密。

ネイティヴには当たり前過ぎる発音のコツが!

私も、そして発音スクールの生徒さん達も、
このコツをつかんだ方は
短期間で発音習得されています。

そのコツをつかんで英語を話す時は声質まで変わったYSさん。

こちらの発音BEFORE AFTERで YSさん の発音の変化を
チェックしてみてください。
↓↓↓
発音BEFORE AFTER

腹式呼吸?それ何?という感じだったYSさんですが、
見事に体得され、英語発声に変わりました。

それまで何度も聞き返されていたそうですが、
英語発声に変わってからは1回で通じるようになったそうです。

では、どうやってYSさんは英語を話す時声質まで変わったのか?

腹式呼吸:英語と日本語は息の使い方が全く違う

突然ですが電車の中で「うわあ、よく響く声―!」と
振り向くと英語を話している人だった、という
経験はありませんか?

 

私はまだ発音の勉強をしていなかった頃
「ネイティヴの英語はなんであんなに強く響くのかなあ」
と不思議に思ってました。

 

その疑問の答えが「腹式呼吸」でした。

 

英語と日本語は、実は「発声方法」から違ったのです。

英語は「息」のコントロールがとても重要で、
腹式呼吸でなければ発音できない音もあるほどです。

 

英語は日本語に比べて、息の強さ、量(長さ)が
3倍必要とも言われています。

 

また、英語は「音」の高低の差が日本語に比べて、
圧倒的に激しい。

詞の朗読など聞いたら、歌ってるのか、と思うほど
音程が上がり下がりします。

もう一つ。

日本語は常に一定ですが、
英語は「音」のひとつひとつの長さが違います。

その結果、英語の音はつながったり、離れたりします。

つまり、英語は日本語に比べて
緩急とりまぜた音のつながりなのですが、
これは日本語の発声法では再現不可能。

余談ですが

「すみません、渋谷駅はどこですか?」

これを日本語を勉強し始めたばかりの
英語人がしゃべるように話してみて下さい。

こんな風になりませんか?

「すぅみませぇ~ん、しぃぶやぁ
え~きわぁ どうこうでぇすかぁ~?」

私の実演をここでご披露できないのは
まことに残念ですが、

生徒さんには
「まるで英語人が日本語をしゃべってるみたい!」
と感心されます(笑)。

(2018年10月 NHK BSプレミアムの番組内でこれを実演いたしました。)

 

英語的発声(腹式呼吸)で、
音に高低をつけ、
緩急とりまぜて、
子音をはっきりさせ、
つなげて発音すると

こうならざるを得ません。

逆に言えば、英語を発する時、これを意識すれば、
英語らしい発音になるのです。

 

この実演をすると、生徒さんの英語発音への理解が
一挙に進むから面白いですね~。

ちょっと笑われてしまう実演ですが、
NHKの番組内ではタレントさん達も理解して下さってほっとしました。

英語を楽に発音していただくためなら、多少(多少なのか?!)笑われてもかまわんです!

 

LやRやTHの発音はどうすればいいの?の前に、

腹式呼吸の感覚がつかめるだけでも、
その後の発音習得が楽になりますよ~。

英語発声 → 腹式呼吸

腹式呼吸のチェック方法

これが出来ているのかどうか、試すテクニックを
ひとつご紹介します。

1.まず、英語の[s]を発音する。

その時、母音のまじった[ス]にならないよう
[s]という音だけ発することに注意する。

上の前歯の2本くらいめがけて鋭く[s]と息を発して下さい。

 

2.次に[s]と口のかたちや舌の位置を全く変えずに、
のどを鳴らす(声帯を振動させる)ことだけを加えて[z]を発音する。

この時も[ズ]にならない(母音をまぜない)ように注意する。

 

3.最後に鏡を見ながら連続で
[s]―[z]―[s]―[z]― と交互に発音する。

口の形、舌の位置はおんなじままですよ。

さあ、できましたか?

[s]はなんとかなったけど、[z]がとぎれとぎれの
情けない音になった方、安心して下さい。

私も最初はそうでした。

 

[z]はお腹をぎゅーっとしぼりこむような感覚で
息を送らなければ、
強い[z]は出ないのです。

でも練習すれば必ず出来るようになりますよ。

 

[s]は無声音(声帯を使わない)と[Z]は有声音(声帯を使う)で
声帯を使うか使わないかだけが違う「ペア」の音です。

英語の子音にはこのようなペアの音が全部で8ペアあります。

口の形、舌の位置、唇の動かし方が
全く同じですから、
おなかをしぼりこむような感覚で
息をコントロールして音をださなくてはなりません。

 

この息のコントロールが、
この後の他の子音、母音、単語、文章の発音習得に必須になります。

逆にこの息のコントロールが出来れば、発音習得は一挙に楽になります。

 

う~ん、理屈は何となくわかるけど、
自分で出来ているのかどうか、判断できない。

そこなんです。
発音は自己判断がとても難しい。

私も自分の発音が間違ってるなんて思わずに、
渡米した初日に撃沈した苦い経験があるくらいです(泣き)。

こんな発音上達のコツや英語にまつわるあれこれをメルマガでお伝えしています。

発音上達のコツが知りたい方は、こちらから→