英語の発音矯正スクール[東京・青山]|イングリッシュ・ジョイ

イングリッシュ・ジョイ

英語の先生は気づかぬふりをしているが、生徒の側はもっと発音をよくしたいと思っている!!

2017-08-01  セミナーのご案内, 発音あれこれ

「英語の発音トレーナー養成講座」お申し込み、お問い合わせをありがとうございます。
早期割引終了まで(8月5日まで)あと5日です。すでに満席のため受付をしめきった日にちもあります。
お申し込みはどうぞお早めになさって下さいね。
http://english-joy.com/lp01.html

さて、本日は、英語を教えたい英語力を活かして仕事をしたい方に向けて書いています。

item03

昨年、私の発音トレーニングを受けた高校の英語教師の方が、
今年の春の授業評価で前年度3.7から4.6にあがったとご報告がありました。
(これはものすごい高評価だそうです)

生徒の感想に
「先生の発音が上手くなってて、先生が一生懸命練習したら変わるよと言ってて
自分もがんばろうと思えたから」とあり感激したそうです。
(もちろん発音だけではなく、先生の授業の工夫など理由は他にもあると思います!)

そして、別の先生がこども英会話教室で、
発音に特化したクラスを設定したら、そのクラスから埋まっていったとのこと。

生徒は(子ども英語教室はお金を出すのは親ですが)
発音の習得に関心があることがわかります。

英語を現在学んでいる人はもちろんですが、
今は英語から離れている人からも同様のことを聞きました。

最近、色々な集まりで、
私が発音を教える仕事をしていると言うと、
「英語の発音に関する自分のエピソード」を
堰を切ったように話して下さる人が実に多いのです。

「私も英語をしゃべれるようになりたかったが、発音がまるでカタカナであきらめた」

「飛行機に乗って、お水を頼んだのに何度も聞き返されて、しまいにはコーラが出て来た。だから旅行中ずっと英語は話さないようにした」

「なんかね、何人かの外国人と話していても、自分だけ
カタコトっぽくて、かっこ悪いんだよね。なんでこんなに発音悪いんだろ?」

今は英語をほとんど使わない方々ですが異口同音におっしゃるのが

「私はもっとちゃんとした発音になりたかった!」

ということでした。

私のスクールの生徒さんたちも同じです。
「自分はもっと発音をよくしたかった!」

そして
「でも、どうやればよくなるのかわからなかった
中高の先生も、TOEICスクールの先生も、直してくれなかった」

と続くのです。

英語の先生は、気付かないふりをしていますが
生徒の側はもっと発音をよくしたい!と思っているのです。

もし、中高で、TOEICスクールで、子ども英語教室で
英語の発音がよくなれば、

生徒さんにとってどのくらいベネフィットがあることでしょう!
(私だって中学の頃に発音教わってたらどんなに楽だったか…。)

そして、英語力を活かして仕事をしたい、とお考えの方。

この分野、人が足りません。
なぜなら、文法や、読解や、作文は独学でもマスターできますが、
(私の生徒さんも、独学でTOEIC900点という方います)

発音矯正は人手がかかるからです。

そして、ネイティヴ講師に圧勝できる分野です。

なんで、日本人がネイティヴに圧勝出来る??と
思われた方、ぜひ一日セミナーでその理由を知って下さいませ。

日本人の英語人生に貢献したい、という方をお待ちしております。

お申し込みはこちらからどうぞ。
http://english-joy.com/lp01.html

お読み下さってありがとうございました!