英語の発音矯正スクール[東京・青山]|イングリッシュ・ジョイ

イングリッシュ・ジョイ

生徒さんからいただいたものを生徒さんに返す

2017-02-10  発音あれこれ

ほぼ毎年携わっている日本政府観光局主催のVISIT JAPANの通訳を2日間やってきたのですが、今回はASEAN諸国に特化したインバウンドの商談会でした。people-coffee-tea-meeting-medium

これが、ものすごく大変でした……。 アジアの皆さん、弾丸のようにすごいスピードで英語を話す。その英語力、発信力はすさまじいです。

でも、発音が全員違う。「癖が強いんじゃあ(by千鳥)」です。国によって違うし、同じ国でも人によって違う。こ、こ、これは英語か??という場面が何度もありました。

一人の方は、Nice to meet you. の直後から???状態で、それでも集中して聞くと、「おるる とるる」と何度もおっしゃる。 「おるる とるる?」と聞き返すと、our tour であることがわかりました。R は全て巻き舌で、母音はアルファベット読み。

おお、そうであったかあ、と頭を修正して癖をインプットして何とかこなし、次の商談相手にのぞむと、Yはすべて「ジャ」と発音する方が。 旅行商品ですから、地名が色々出てくるのですが、 「ウケジャマ、エケジャマ、テケジャマ」
これは「岡山、和歌山、高山」のことでした!!

2日間で22本の商談。なんとかかんとか無事乗り切りました。世界にはいろんな英語がある!

さて、表題です。

生徒さんからいただいたものを生徒さんに返す

心臓外科医の天野篤先生のコラムの中にこういう一節がありました。
『外科医の財産は全て患者さんからもらっている。過去の数多くの手術経験からたくさんのことを学ばせてもらったからです。もらった分はちゃんと返さなくてはいけません。』


まさに!
天野先生のように、超ベテランのお医者様とは比ぶべくもないのですが、私も発音を日々教えていて生徒さんから多くのことを学ばせてもらっているなあと感じています。学ばせてもらうだけではなく、生徒さんには教える喜びももらっている。ありがたいです。

もらった分はちゃんと生徒さんにお返ししなくては。

2月12日から短期集中のセミナーが始まります。日曜コースには、英語を教える方も何人か参加して下さる予定です。今まで生徒さんにいただいたものを、全てご披露するつもりでトレーニングをしていきたいと思います。そうしたら、その方たちの職場で、教室でその方たちの生徒さんにもお返しすることが出来るかなあ。

12日からのセミナー、全力で(ビシビシと)がんばります。

=======================

 発音のコツを無料メールで公開中。
ご登録はこちらから。

=======================

留学、海外赴任、転職面接など、期限、目的がはっきりしている方のための
短期集中コースのお申し込みはこちらからどうぞ。

=======================

2月開催の発音セミナー(全3回)、おかげさまで平日コースは満席となりました。
日曜コースはまだお席がございますので、こちらからどうぞ。