英語の発音矯正スクール[東京・青山]|イングリッシュ・ジョイ

イングリッシュ・ジョイ

どうやって、英語の会議で8割聞き取れるようになったのですか?  

2017-04-19  リスニング上達のコツ, 発音あれこれ

先日、ド直球の質問をいただきました。

「自分は、会社の英語の電話会議で、4割くらい、ひどい時には2割くらいしか聞き取れません。どうやったら、8割聞き取れるようになったのですか?」

セミナーのご感想を読まれてのご質問だと思います。http://english-joy.com/seminarreview.html

こういうご質問、実は、体験レッスンでもいただきます。

そこで、今回はどうやっての部分を実際の生徒さんの例で、少し詳しく書いてみますね。

「あっという間に出来るようになった方」ではなく、「苦労された方」の例です。

うわー、やっちまった!

◆外資系製薬会社勤務 40代男性
TOEIC 800点(ただし数年前に取得、今はもっと下がってるかもとのこと)

◆悩み
英語の電話会議で、4割程度、時には2割すら聞き取れず、意見を求められても答えられない。

◆発音チェック時
かなりのカタカナ発音で、リズム、抑揚もなし。

◆短期集中コースでメニューを作り、トレーニング開始

 

(1)まずは「英語耳」を使って「音」の矯正を行い、短い文章で、音の変化、リズムや抑揚をつける。

(2)まとまった文章で、効果的な音読を繰り返す

(3)同時に、ディクテーションで、聞き取れない原因、弱点をあぶり出し、重点的に練習する

(4)自分単語帳と、自分に必要な文章で、大量音読、倍速音読。

こんな感じで進めました。

hands-people-woman-meeting-medium

実は、彼の場合は(1)でものすごく時間がかかりました。

練習していても、自分が正しく出来ているかわからない、お手本の音の違いがわからない、LとRもなかなか違う音には聞こえない、という状態が続きました。

短い文章で、音がつながったり、消えたり、長短のリズムがついたり、という練習に移っても、音声教材を完コピするところからはほど遠く、カタカナ英語から抜け出せませんでした。

しかし、ある時、会社の外国人の同僚から「最近、発音よくなったね〜」と言われます。この同僚からは、以前は何度も聞き返されて、発音の悪さを遠回しに指摘されたこともあったそうです。

この時はほとんど聞き返されず、1回で通じていて、かつ、彼の英語を自分が聞き返すこともなかったことに気がつきました。

「あれ?聞き取れてる?発音も通じてる?」

これがきっかけで、まとまった文章での練習にも俄然気合いが入り始めました。

ここまで、およそ2か月です。

その後1ヶ月は、自分単語帳と、自分が必要なことに特化したもの(会社の会議資料も!)で、大量音読、倍速音読練習をしていただいて、会議にのぞんだところ、8割理解出来たそうです。

ネイティヴ同士の早口の冗談は、まだわからなかった〜、ともおっしゃってました。

ハードル上げ過ぎでしょう!

ご感想

「最初は、音が違うと言われても全くわからないし、理屈はわかっても、口も舌も動かないし。

でも、同僚の一言で、いつの間にか聞き取れるようになってて、嬉しかった。
それから、会議の資料で音読練習するとか、考えたこともなかったので、???でしたが、これが一番効果がありました。

CDの3倍の速さで読め、と言われて絶対無理だと思ったけど、これもやり方のコツ?を学んで、出来るようになったら、会議の英語が早く感じなくなりました。
びっくりでした。目から鱗の連続でした。」

彼の場合もやはり、カタカナ発音でしかもゆっくりしか読めないあいだは、リスニングも効果はなかったです。

でも、発音が明らかに変わった頃に、リスニング力も飛躍的に上がりました。

また、会議で聞き取ることが第一の目的だったので、それに特化したものを後半は練習教材に使いました。

いかがですか?

皆様もご自分での練習に取り入れてみてくださいね。