英語の発音矯正スクール[東京・青山]|イングリッシュ・ジョイ

イングリッシュ・ジョイ

プロフィールに書いてあることは全部ホントのことですか?

2016-09-04  受講生の声

体験レッスンに来て下さった方に「どうしてうちのような小さなスクールに来て下さったのですか?」とたずねたところ、意外な答えが返ってきました。

「プロフィールに書いてあることがホントかなあと思って…。」

え? プロフィール?  資格のことかなあ?  経歴かなあ?

と思い、よく伺ってみると

「レジのとこで通じなかった、とか、そんな失敗エピソードがホントかなあと…。」

そこか!?

「もちろん、ホントですよ。」と答えましたが、024

いや、まてよ。
よく思い返すと、一か所ホントじゃないところがありました。

レジで通じなかったのは、アメリカ生活「初日」ではなく、「2日目」でした。

「初日」はもっと悲惨だったことを思い出しました。

アメリカ初日は、もっと、もっと悲惨なエピソードが…。

アメリカに初めて行ったのは、今から20数年前ですが、悪天候で飛行機の到着が遅れ、乗り継ぎ便に間に合わず、NYで一晩過ごさねばならなくなりました。

空港内の航空会社の窓口で、宿泊の手配をしてくれるというので、私も窓口に行きました。

そうしたらですね…。

その窓口のお姉さんの言ってることが聞き取れない!

どうも、「Hiltonに宿泊手配した。」と言ってるらしいのですが、何度も何度も聞き返していたら、“Hilton” とだけ書いたメモをほうってくれました。

到着が遅れなければ、乗り継いだ先の空港で家族が待ってる予定でしたから、
NYの移動の仕方とか、NYと空港の位置関係とか事前に全く調べてなくて、途方に暮れてしまいました。

早々にバス移動をあきらめ、タクシー乗り場に行ったのですが…。

……結果的に、そこで白タク(違法タクシー)に乗ってしまって、

どえらい料金をふんだくられ、ぐるぐる遠回りをされたあげく(多分)、
ホテルの入り口ではなく、暗い路地でおろされる、という悲惨な目に遭ってしまいました。

白タクに乗ったあとで、こりゃ違法タクシーだ!と気付き(料金メーターがどこにもない!)、
しどろもどろでそんな大金はもってないとか色々抗議した(つもり)のですが、

小錦のようにでかい(そう見えた!)白タクの運ちゃんの言ってることが1/10もわからず、
そこでも何度も聞き返していたところ…すごまれました。

その英語は20年以上経った今でもはっきりおぼえています(それは聞きとれたし!)

This is New York!
If you don’t like, go back to Japan!

……生きた心地がしなかった…。

この話にはまだ続きがあって、

航空会社が手配してくれたのは、HiltonはHiltonでも、Airport Hiltonで、空港のすぐ近くだったのです。

メモはHilton 一語だったのに…。

夜中にやっとの思いでたどりついたマンハッタンのHiltonのフロントで、それを知らされ、
その上満室だからと Airport Hiltonまで再びタクシーで行かされた時は
(今度は正規タクシーでしたが)、もうボロボロになってました。

それがアメリカ「初日」の出来事でした。

スーパーのレジで、英語への自信をさらに木っ端みじんに打ち砕かれたのは、その次の日、2日目のことです。

そんなダメダメエピソードの人が、英語を教えられるまでになるのか?しかも発音を?とその方は思われたのかもしれないですね。(入会して下さいました!)

でもですね、

今スクールにレッスンを受けに来て下さる生徒さん、発音コンサルティングのクライアントさんの

「TOEICのスコアはあるのに、何年も英語の勉強をしてきたのに、
会議の英語が聞き取れない、自分の英語が通じない」

というお悩みが誰よりもわかる、そしてその解決法がわかるのは、

私がかつて数え切れない失敗をしてきたからなのです。

もしよかったら皆さんの英語の失敗エピソードを教えて下さいね。
そこに成長のヒントがありますから。

発音上達のコツをメルマガで公開しています。購読はこちらから